保険の見直し



保険見直しとは

最近テレビや雑誌、新聞などでもよく取り上げられている保険見直し。言葉から、なんとなく現在加入している保険を見直すことなんだろうな、とわかりますが、なぜそれが必要なのか、どういう風に行うのかという点はあいまいですよね。

保険見直しとは、現在加入している保険の内容を改めて確かめ、現在の自分、これから先の自分や家族に必要な保障がしっかりと付帯されているか、という点を確認し見直すことです。例えば独身時代に加入した保険の内容は、死亡保障の受取人がご両親になっているケースは多いですよね。しかし結婚をしたら、受取人は万が一の際に喪主を務めるであろう配偶者にしておくことが一般的です。死亡保障は自分の葬儀費用や自動車ローンなど契約していたローンの残金を賄うため、そして残された家族のために付帯させておくものです。なのでそういった亡くなった後の手続きを行うであろう人を受取人にしておく必要があり、それが独身時代と結婚してからは違うものとなるのです。

こういった内容の確認と変更ももちろんありますが、保険見直しをする上でほとんどの方が重点を置いている点は解約・契約ではないでしょうか。現在の保険の補償内容と保険料を見比べて適しているか、損はしていないか、自分に合った内容をリーズナブルな保険料で提供している会社はないか、などを調べ、必要なら現在の保険を解約して他企業の保険商品を新規契約する。そうすることで保障内容を充実させ毎月の保険料金を節約する。そのために見直しを検討される方が多いのではないかと思います。

つまり保険見直しとは、家計のためにも自分のこれからのためにも必ず必要なものなのです。