結婚が決まったらやるべきこと

結婚後のお金のルール

男性が稼いで、女性はそこから家計をやりくりする、専業主婦ではこのパターンが基本でしたが、最近は共稼ぎが多い上、女性のほうが稼いでいるというケースも珍しくなくなりましたね。どちらがどれだけどう出すか、夫婦とはいえ、いや夫婦だからこそ、結婚後のお金のルールをしっかりと決めておく必要があります。いくつかのパターンが考えられるので、参考にしてください。

まず妻が家計を一括管理し、夫には毎月お小遣いを渡すという昔ながらのパターン。女性がパートなどで働いていても、基本が夫の収入という時もこのケースに準じることが多いようです。

次に夫が毎月の生活費(妻のお小遣い含む)を妻に渡すパターンもありますが、子どもが生まれて、養育費などがかかるようになると、仕事に追われがちな男性よりは、女性のほうが家計に詳しくなるケースが多く、臨機応変に対応していくことが求められます。

共働きの夫婦では、夫婦でひとつの「共同の財布」を用意し、そこにお互いが毎月お金をいれて、そこから家計を捻出する方法も便利です。収入差がある場合は、話し合って分担する比率を決めておきます。残ったお金がそれぞれのお小遣いになるので、仕事へのモチベーションがアップする方法でもあります。

収入の状況にもよりますが、夫が家賃や駐車場代などを担当し、妻が食費やお小遣いなどを担当する、といった区分も共稼ぎ夫婦だと有効です。共同の財布でやりくりする手間も省けます。ただし流動費は読めない場合もあるので、その時々で項目について話し合う必要はあります。

上記のいい面を組み合わせて使う方法もあります。自分たちにあった方法を検討してくださいね。

結婚が決まって、両親への報告・挨拶がすんだら、食事会を企画して、双方の家族が顔を合わせる機会を作りましょう。結納や結婚式の相談をするためもありますが、両家の親交を深めることが主目的となります。結納前に...
記事の続きはこちら
婚約指輪(エンゲージリング)といえば、「給料の3ヶ月分が相場」といわれますが、結婚情報誌の調査によると、実際のところは「大体30万円前後」が多いようです。もちろん収入にもよるでしょうが、給料の1~2ヶ...
記事の続きはこちら
海外で結婚式をあげる人も多くなりましたね。今は海外結婚式をプロデュースしてくれるサービス会社や旅行店も増え、以前より挙げやすくなっているのも理由の1つです。新婚旅行も一緒にできることや、両親にも海外旅...
記事の続きはこちら
大切な結婚届、できれば2人で一緒に出したい、でも仕事があると、なかなか2人揃って平日に役所にいくのって難しいですよね。また提出日=結婚記念日と考える人も多く、どうしてもこの日に入籍したい、という日にき...
記事の続きはこちら
いざプロポーズ!男性ならやはりその時に指輪を渡して、彼女を驚かせ喜ぶ顔が見たいですよね。その場合、最大の課題は彼女の指輪のサイズです。一番間違いがないのは、一緒に指輪を買いに行く方法ですが、これだとサ...
記事の続きはこちら
プロポーズが終わったら、次は互いの親への結婚の報告と挨拶。それまでに顔を合わせていたとしても、改めて結婚の許可を得るのはどきどきすると思います。ましてや初顔合わせなら、さらに緊張しそうですね。両親への...
記事の続きはこちら
結婚の有無に関わらず、彼のご両親に初めて挨拶するのは、非常に緊張すると思います。やはり好感度をもってもらいたいですし、できれば仲良くしていきたいですよね。相手の家の家風や、ご両親の職業(お母さんが専業...
記事の続きはこちら
人気のエステティックサロン、エルセーヌでは「ボディコース10回」と「光フェイシャル浄化コース10回」の2つのブライダルコースで、式に向けて最高に美しい花嫁のベストコンディションをサポートします。前者は...
記事の続きはこちら
結婚式に最高に美しくあるために、ブライダルエステを活用する花嫁が増えています。中には花婿とカップルでのブライダルエステ利用も多いようです。エステティックサロン大手のたかの友梨のブライダルエステは、挙式...
記事の続きはこちら