両家の顔合わせの食事会でのポイント

両家の顔合わせの食事会でのポイント

結婚が決まって、両親への報告・挨拶がすんだら、食事会を企画して、双方の家族が顔を合わせる機会を作りましょう。結納や結婚式の相談をするためもありますが、両家の親交を深めることが主目的となります。結納前に行いますが、最近では結納にかえて開くパターンも増えています。結納代わりの記念品の交換や、イベントを行うケースもあります。

食事会の場所は、落ち着けるほうがよいので、料亭やレストランなど個室が使える場所を選びましょう。時間制限などがなく、ゆったり過せる店内環境&サービスのよいお店がよいですね。顔合わせの食事会向けのサービスを行っているお店もあるので、口コミも含めて検討してみてください。お料理が美味しいと会話も弾みます。

環境が合格ラインであれば、有名シェフや話題のお店などもよいですね。また結婚式や披露宴、二次会などの下見を兼ねるのもよいかもしれません。両家が遠方の場合、中間地点でセッティングするのが一般的ですが、家族旅行にするとゆっくりでき、交流も深まります。

結納の名残で、女性の自宅で行う場合もありますが、どうしても負担がかかるので、外部のお店を利用する方が気がラクだと思います。予算的には大体1人1万円くらいが多いようです。

結婚準備を進めていく段取りなども話題になると思いますが、式の方法や予算など、両家の親同士の意見が違うこともあると思います。金銭面での話などややこしくなりがちな話題は、事前につめておくか、自分たちの考えをきちんと伝えましょう。お互いにいい印象で式を迎えられるよう、企画者である2人が頑張って配慮しあってくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事関連ページ

両家の顔合わせの食事会でのポイント
結婚が決まって、両親への報告・挨拶がすんだら、食事会を企画して、双方の家族が顔を合わせる機会を作りましょう。結納や結婚式の相談をするためもありますが、両家の親交を深めることが主目的となります。結納前に... 両家の顔合わせの食事会でのポイントの続きを読む>
婚約指輪の選び方と相場
婚約指輪(エンゲージリング)といえば、「給料の3ヶ月分が相場」といわれますが、結婚情報誌の調査によると、実際のところは「大体30万円前後」が多いようです。もちろん収入にもよるでしょうが、給料の1~2ヶ... 婚約指輪の選び方と相場の続きを読む>
海外結婚式を行うには
海外で結婚式をあげる人も多くなりましたね。今は海外結婚式をプロデュースしてくれるサービス会社や旅行店も増え、以前より挙げやすくなっているのも理由の1つです。新婚旅行も一緒にできることや、両親にも海外旅... 海外結婚式を行うにはの続きを読む>